2010年01月25日

防犯カメラの種類について

防犯カメラには様々な種類のカメラがあるってご存知でしたか?
何故なら防犯カメラを設置する場所、防犯カメラを設置する目的等、使う側の利用用途に対応させているからです。

下記にどんな種類の防犯カメラがあるか挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

【箱型防犯カメラ】
一番シンプルでオーソドックスなカメラで、形はいかにも防犯カメラと言う様な四角い箱型の形をしています。このタイプのカメラには先端にレンズが付いていて、パッと見ただけで防犯カメラだと言う事が分かるので威嚇をする意味でもただ付けておくだけでも効果があります。

【ドーム型】
デザインは箱型と違っていかにも防犯カメラです。と言う様な形はしていなく、丸い形をしているカメラです。よく銀行やコンビニなんかで見掛けるタイプのカメラになります。このドーム型のカメラにはマイクが内蔵されているタイプのカメラもあるようです。

【小型】
このタイプは超小型で手の中にすっぽり収まってしまう位小さいです。メリットとしては持ち運びが簡単な事、本体に映像と音声を記録出来る機能が付いていると言う事、デメリットは数時間しか撮影が出来ない為に長時間の撮影には向かないと言う事です。

上記の様なカメラの他には無線タイプのカメラ、防水タイプのカメラ、屋外に付ける事が出来るカメラ、カメラ機能は無いけどダミーに出来る偽物カメラなど多数あります。使う目的に合わせてどの形のカメラがいいか選んでみましょう。



Posted by レナン at 05:21