2010年01月25日

防犯カメラは万全の代物なのか?

現在の日本は昔とは違い「安全大国」等とは言えない様な国になってしまいました。そこで近年活躍しているのが「防犯カメラ」なのではないかと思います。防犯カメラにはメリットももちろんありますが、デメリットもやはりありますので、防犯カメラを付けているから大丈夫と言う訳にはやっぱりいかないと思います。

罪を犯す人側から見たら防犯カメラと言う物は嫌な物でしかないのは分かりますが、だからと言って黙っている訳ではありません。犯罪者側も防犯カメラの欠点をよく理解して隙を狙おうとしているからです。

では、どんな事が防犯カメラの欠点になるのでしょうか?防犯カメラが何処に設置されているのか思い出してみて下さい。大抵の場合は天井など、人の目線より上の所に設置されている場合が多いです。上から下を撮ると云うことは人間を上から見下ろして撮っている訳ですから、もしも顔をうつむき加減で入ってしまった場合には顔が映る事は殆ど無いと思います。
また、真正面にカメラを付ける所もあまり無い為に横から映す映像が多いと言う事になります。
また、マフラーやマスクなどで顔を隠してしまうと当然ですが、顔が分からないので防犯カメラを設置する意味が無くなります。

また、鮮明な映像を期待してしまいますが夜だといくら暗視機能が付いていたとしてもあまり鮮明さは期待出来なくなります。

こう考えてみるとやはり高性能なカメラを求めてしまう様になってしまいますよね。



Posted by レナン at 05:21