2010年01月25日

防犯カメラの使い方

防犯カメラを使うにあたって、どんな使い方があるのでしょうか?
例えば、ある飲食店の場合で夜間に店長がいないのでアルバイトのみで営業させている為、たまに伝票と売上が合わない事があるとします。そうした場合の為にアルバイトを監視する事を目的として使う使い方もあります。
人を監視する為に防犯カメラを付けると言うのはあまり気持ちが良いものではありませんが、案外従業員を監視する為に防犯カメラを付ける企業は多いそうです。

後、防犯カメラをよく見かけるのはコンビニだと思います。あの小さな店舗にいくつ付いているのだろうと言う位設置されています。例えば、入り口、レジ、陳列棚、駐車場等を監視出来る様な位置に付いています。
これは万引き防止と言う犯罪を抑制する効果もあるのですが、これだけあって店内に死角が無いとすると従業員もサボってばかりいられなくなりますよね。

防犯カメラの映像をモニターで個々に見るのはもちろんですが、インターネット等を利用して一括で管理、監視をしている事が最近の主流となってきている様です。

防犯カメラを使って従業員がきちんと仕事をしているかどうかを監視すると言う使い方は、いつでも監視されているというストレスが溜まると思いますし、あまり気持ちが良いものではありませんよね。監視されている方も息が詰まってしまいます。

防犯カメラの使い方は「監視」と言う使い方ではなく、あくまでも「犯罪抑止」として使いたい物ですよね。



Posted by レナン at 05:21