2010年01月25日

防犯カメラの利用

防犯カメラを効果的に活用させる為には防犯カメラを設置する場所が大きく左右されると思います。どういう事かと言うと、防犯カメラと言うのは犯罪を未然に防ぐ事、これが目的ですので、それに相応しい場所等に防犯カメラを設置する必要があるのです。

防犯カメラの効果としては、犯罪が実際に起こった際、状況証拠の映像として使われる場合もありますし、犯罪を行おうと思っている人が、防犯カメラがあるから止めようと思わせる犯罪抑止効果もあります。その効果を発揮させる場合には防犯カメラを付けている事がよく分かる事、付けている事を周りに周知させる事が必要になってくると思います。

また防犯カメラを壊されたりカメラの部分を何かで隠されたりしても大丈夫な様に1台ではなく複数台設置する事も大切です。その際お互いのカメラを映すような感じで設置しておけば例え壊されてももう一つのカメラがそれを映していると言う様な防犯効果があります。

防犯カメラは映像を映すだけではなく、その映像を記録する事もでき、後から何があったか確認をする事が出来ます。記録媒体も少し前までは磁器テープやビデオテープなどが主流でしたが、今ではハードディスクやフラッシュメモリに記録するのが主流となってきています。防犯カメラの映像を記録する際には出来るだけ長時間記録出来る媒体の方がいいと思います。

通常、防犯カメラで記録した内容は他の人には見せないと思いますが事件等、犯罪が有った際には見せて欲しいと言う依頼が来る場合もあります。その際にはデータをコピーして渡す等する必要があります。



Posted by レナン at 05:21