2010年01月25日

防犯カメラはどういう仕組みになっているのか?

防犯カメラはどういう仕組みで動いているのでしょうか?結構仕組み的には簡単で、まず撮影をする為のカメラがあります。カメラは映像を撮影します。撮影された映像は有線や無線でモニターに伝送され、モニターに映し出される事になります。これだけ聞くとかなり簡単ですよね。でもそんなに単純なだけでもありませんのでもう少し防犯カメラの仕組みを挙げてみたいと思いますので、是非防犯カメラをもっと理解してみて下さい。

まず防犯カメラに絶対に欠かせない物、それが「カメラ」です。映し出す映像を如何に綺麗に鮮明に映し出すかがかなりの重要度だと思うのです。綺麗に映し出す事が出来れば万が一犯罪に巻き込まれたとしても、防犯カメラの映像からバッチリと人を抑える事が出来ると思います。

たまにテレビのニュースとかで流れている防犯カメラの映像を見てみるとざらつきがあったり、画質が悪かったりしてよく分からないと言う場面もありますが、ここ最近のカメラは高性能になり、画質もかなりよく鮮明に映し出す事が可能になります。

画質に関して言うとCMOS処理方式と、CCD処理方式と言う画像の処理方式がありますが、現在のシェア率はCMOSの方だと言う事です。CMOSはCCDに比べると少し画質は落ちるのですが、省エネ、低コストが良いので人気がある様だと思います。そこまで画質にこだわらなければCMOSの方でも充分だと思うのです。

防犯カメラの仕組みがこれで少しは分かったと思います。



Posted by レナン at 05:21