2010年01月25日

防犯カメラと盗聴器の関係性について

「防犯カメラ」と「盗聴器」と言うと何となく目的も違うし、片方は守る物、片方は犯罪みたいなイメージがあると思います。
「防犯カメラ」に関しては「不審者、侵入者、犯罪を防犯すると言う目的で監視をする物」だと思いますし、「盗聴器」は「盗聴器を使って相手の許可無しに情報等を盗み聴きする物」だと思います。

しかし、この2つには共通している部分があり、どちらも「情報を得る」と言う点が共通しています。それが犯罪になるかならないかは取得した情報の利用目的次第と言う事になるのですから実に曖昧だと思います。
利用目的が犯罪の抑止の為であるのであれば、この「防犯カメラ」と「盗聴器」これらの2つの機器は繋がると言う事になります。

現在の日本において凶悪犯罪と言う物が本当に急増してきていて、ニュースで聴かない日は無いと言う位、日本の治安は悪化しています。また手口も実に巧妙になっている為、逮捕まで持っていくのは困難な状況にあると思います。その手掛かりの手助けをするのが「防犯カメラ」で映した映像だと思うのです。映像によって事件は大いに解決しますので防犯カメラは設置している事を周りに知らせるだけでも、犯罪防止に役立つと思うのです。

しかし、こんな良い事に役立つ防犯カメラでも使い方1つで犯罪行為に使われてしまう事もありますので、注意が必要です。
逆に盗聴器も犯罪の解決へと導く手段になったりもしますので、なんでも使い方次第なのだなと言う事が分かると思います。



Posted by レナン at 05:21